トピックス

TOPICS

「王育徳紀念館」開館の御案内
黄昭堂記念公園が台南市に開園

インフォメーション

INFORMATION

2018-10-10

【10月27日】集い「沖縄、台湾、そのはざまの尖閣」

 平成22年(2010年)9月の中国漁船尖閣諸島沖衝突事件に始まって、中国機に対する航空自衛隊の緊急発進は、平成22年度の96回から同28年度には851回と約9倍に急増してきました。 更に昨年10月、習近平が第19回共産党大会を開催し、強軍思想を全面に打ち出して以来、中国空軍は爆撃機をともなって、宮古海峡を突破する特異な飛行訓練を繰り返すようになりました。 これは、中国の台湾への軍事侵攻の意思の現れであり、宮古海峡を突破した中国軍機は、台湾を巡回するように飛行するとともに、一部はグアムに向けて飛行し、米軍の増援阻止訓練を行っています。 それを裏付けるように、中国人民解放軍の王洪光中将は政府メデ
続きはこちら…

2018-10-10

黄昭堂記念公園が台南市に開園

  台湾独立建国連盟主席、同連盟日本本部委員長を務めた台湾独立運動の闘士、黄昭堂の記念公園が命日にあたる9月21日、台南市七股区龍山里海岸遊憩区にオープンした。 同日行われた市主催の開園除幕式には、陳菊・総統府秘書長、李孟諺・台南市代理市長、陳宗彦・内政部次長、黄崑虎・国策顧問、陳南天・台湾独立建国連盟主席、何康美・台湾独立建国連盟ヨーロッパ本部主席、張燦鍙・前台南市長、黄偉哲・台南市長候補(民進党)が出席した。日本からは、黄昭堂長男で連盟日本本部の黄正澄や連盟日本本部の組織部長で台湾で黄昭堂の秘書を務めた趙天徳らが出席した。 公務のため出席できなかった蔡英文総統の代理として出席した
続きはこちら…

2018-10-07

台南市に王育徳記念館が開館

台湾独立建国聯盟日本本部 王明理    去る9月9日、台南市の呉園(台南公会堂のある公園)内に王育徳記念館がオープンした。王育徳(1924年-1985年)の33年目の命日にあたるこの日、偲ぶ花ではなく、開館を祝う花が李登輝元総統をはじめ多くの人から寄せられた。生涯を台湾の為に捧げ、それ故に国民党独裁政権の下では帰国を許されなかった王育徳が、初めて故郷に迎えられた凱旋の日であった。  228事件で検事だった兄王育霖を殺され、それ以後も身の回りの関係者が次々と逮捕されていく状況の中、王育徳はやむを得ず、国外に脱出することを選択した。25歳で愛する故郷を後にしなければならなかったが、日本に
続きはこちら…

2018-08-18

日台時局シンポジウムの案内(9/15 大阪)

テーマ 「台湾は、いま、なぜ南進・南向へ」(通訳付き) 内容と趣旨 南進と南向の連結と対照は、ある意味で植民地主義の拡張の歴史を表している一方、「南向政策」は、前總統李登輝時代から現蔡英文政府まで台湾政府の一貫した政治経済戦略です。南方、これは東南アジアや南アジアを指し示すものだと言え、台湾が中国に競合し、自らの生存地域と活動地域を展開するものです。もし、過去の「南進」が日本と台湾の間における主従関係であるならば、今の台湾と東南アジアや南アジアの関係はどのようになるでしょうか?また、台湾にとっての北方の中国、これからどう向き合うのか?特に近時、アメリカ、中国二大経済大国は、経済制裁の泥沼に陥ら
続きはこちら…

2018-08-11

「王育徳紀念館」開館の御案内

2年前に着工された「王育徳紀念館」が2018年9月9日開館の運びとなる。 場所は市内の台南公会堂のある呉園という名園の中である。台南市文化局の英断で、池の畔の建造物がこれにあてられた。 (写真は台南市文化局提供)   この場所は王育徳の生家から歩いて数分の位置にある。開館式は10時50分から、呉園の中の野外劇場で行われ、市長時代に王育徳紀念館の設立を決めた頼清徳行政院長が来賓として出席する予定である。開館式に先立って、10時半より生家のあった場所で「故居」のプレートの除幕式が行われる。 紀念館の内部は、5部屋に分けられていて、生い立ちや人生、業績などを展示する第一室に続き、第二室・台
続きはこちら…

2018-03-05

「台湾の声」【レポート】台湾の今を伝えた2・28時局講演会

台湾の声編集部 多田恵 2018年3月5日    昨日(4日)、新宿の京王プラザホテルで台湾独立建国聯盟日本本部主催の2・28時局講演会が行われた。その模様の一部を御報告する。筆者が花粉症で朦朧としていたため、漏れや記憶違いがあるかもしれないが、ご容赦願いたい。  台湾から若手の講師を招き、日本語通訳を介して台湾語で講演を行うという、日本本部としては新鮮な取り組みであったが、約200名が参加し、熱い質疑応答も見られた。大学生や新社会人など若者の比率も若干高まったようだ。また、陳南天主席も出席し、次の世代と日本本部の活動を見守った。  金美齢氏の挨拶の後に登場した、台湾独立建国聯盟副主
続きはこちら…

2018-02-28

台湾「哲学の金曜日」主宰者 沈清楷氏が来日講演! / 台湾2.28時局講演会のお知らせ(2018年3月4日(日)14時~

 台北の街中にたたずむ洒落たカフェ、慕哲咖啡に毎週金曜日の夜、学生やNGOメンバー、大学教授など、さまざまな年代や立場の人々が集い、哲学をはじめ台湾に関わるさまざまなトピックスについて講師を招き、語り合っている。  「哲学の金曜日」と名付けられたこのサロン形式のミニ講演会は、2010年に台北で始まった後、雲林、台中、高雄、花蓮へと広がり、2014年のひまわり学生運動に大きな影響を与えた。ひまわり学生運動が起きた後、アメリカのニューヨーク、ボストン、シカゴ、ヨーロッパのオランダでも有志によって開催されている。  その創設者である沈清楷氏が3月4日(日)、台湾独立建国聯盟日本本部の招きを受けて来日
続きはこちら…

2018-02-27

忘れてはならない二・二八事件

台湾独立建国聯盟日本本部 王 明理    1947年2月28日、終戦から一年半後に起きた二・二八事件は、台湾史上、最も凄惨な虐殺事件であった。自分たちの権利を主張した台湾人に対して、中国人が無差別殺人を行ったものである。わずか一カ月の間に、戦場ではない市民生活の場で3万人の台湾人が惨殺された。将来を担うリーダーとなるべき人、医者や弁護士、教師、青年、学生たちが、みせしめの為に残虐な方法で殺された。  戦後の台湾の状況を捉える際にもっとも誤解されている解釈として、「台湾(台湾人)が祖国である中国に返還された」という認識がある。ここに立脚すると台湾を正しく理解することはできない。二・二八
続きはこちら…

2018-02-10

台湾 2・28 時局講演会のお知らせ
(2018年3月4日(日) 14時〜)

   第二次大戦後、「住民自決」の権利により、植民地だった多くの国々が独立を勝ち取ったにもかかわらず、台湾だけは新たに中華民国に占領支配され、独裁政権下で弾圧を受けました。  二・二八事件は自治と尊厳を求めて立ち上がった台湾人に対して、国民党政権が行った容赦 ない大量殺戮事件で、3 万人以上の知識人が犠牲になりました。この事件を記憶に留め、その 教訓を生かす為に、私たちは毎年、時局講演会を開いています。台湾人は長年の努力の結果、 民主主義体制を勝ち取りましたが、今も国民党の押し付けた憲法や国名に縛りつけられ、中国 の圧力によって、国際社会に国家として認知されていません。少しでも台湾独
続きはこちら…

2018-02-08

台湾東部地震について

2月6日午後11時50分ごろ、台湾東部の花蓮県花蓮市の北22キロを震源とするマグニチュード6.4の地震がありました。 被害状況については2月8日正午現在、死者9名、負傷者266名、行方不明者62名、倒壊建物4棟という情報が入っています。救助活動は引き続き懸命に行われていますが、余震も続いているようです。 地震発生の日は奇しくも一昨年の台南大地震と同じ日で、当時と同様に多くの日本の方々から状況を心配する問い合わせやお見舞いの電話、メールを頂いています。 被害に遭われた花蓮の皆様にお見舞い申し上げると共に、身内のように心配して下さる日本の皆様のお気持ちに感謝申し上げます。   2月8日 
続きはこちら…