台湾2・28時局講演会のお知らせ

INFORMATION

2012-02-09

2・28事件から65年目の今年、1月14日の台湾総統選挙・立法委員選挙の結果、台湾人は引き続き中国国民党政権に台湾を委ねる選択をした。中国に歩み寄る馬英九政権の下で、台湾はどうなるのか? 日本への影響はどのように表れてくるのか? 台湾の抱える複雑な問題について、共に考えてみたい。


◆日 時:2012年2月26日(日) 18:00~21:00 (17:45開場)

◆会 場:文京区民センター 2A
東京都文京区本郷4-15-14 TEL:03-3814-6731
[交通] 
都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分(真上)
東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩5分  
JR総武中央線「水道橋駅」徒歩10分

大きな地図で見る

◆講 演
  • 「米中の策略に敗北した民進党」  澁谷 司 拓殖大学海外事情研究所准教授
  • 「台湾の選挙とこれからの日台関係」  梅原克彦 国際教養大学教授
  • 「これからの台湾」  黄 文雄  拓殖大学客員教授
  • 「我々はなにをなすべきか」  林 建良 メルマガ「台湾の声」編集長

◆参加費:1,000円(学生:無料)

申込み:メール、FAX、お申し込みフォームにてお申し込みを。 【当日受付可】
E-mail:wufijapan@googlegroups.com FAX:03-3359-8475
お申し込みフォーム:
www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0084.reg

◆主 催:台湾独立建国聯盟日本本部
東京都新宿区富久町8-24 万年ビル2F
TEL:03-3351-2757 FAX:03-3359-8475
E-mail:wufijapan@googlegroups.com HP:https://www.wufi-japan.org/

◆問合先:TEL:03-3868-2111  E-mail:wufijapan@googlegroups.com