インフォメーション

INFORMATION

2018-02-10

台湾 2・28 時局講演会のお知らせ
(2018年3月4日(日) 14時〜)

   第二次大戦後、「住民自決」の権利により、植民地だった多くの国々が独立を勝ち取ったにもかかわらず、台湾だけは新たに中華民国に占領支配され、独裁政権下で弾圧を受けました。  二・二八事件は自治と尊厳を求めて立ち上がった台湾人に対して、国民党政権が行った容赦 ない大量殺戮事件で、3 万人以上の知識人が犠牲になりました。この事件を記憶に留め、その 教訓を生かす為に、私たちは毎年、時局講演会を開いています。台湾人は長年の努力の結果、 民主主義体制を勝ち取りましたが、今も国民党の押し付けた憲法や国名に縛りつけられ、中国 の圧力によって、国際社会に国家として認知されていません。少しでも台湾独
続きはこちら…

2018-02-08

台湾東部地震について

2月6日午後11時50分ごろ、台湾東部の花蓮県花蓮市の北22キロを震源とするマグニチュード6.4の地震がありました。 被害状況については2月8日正午現在、死者9名、負傷者266名、行方不明者62名、倒壊建物4棟という情報が入っています。救助活動は引き続き懸命に行われていますが、余震も続いているようです。 地震発生の日は奇しくも一昨年の台南大地震と同じ日で、当時と同様に多くの日本の方々から状況を心配する問い合わせやお見舞いの電話、メールを頂いています。 被害に遭われた花蓮の皆様にお見舞い申し上げると共に、身内のように心配して下さる日本の皆様のお気持ちに感謝申し上げます。   2月8日 
続きはこちら…

2018-01-30

[イベント情報] [2018/02/18] 全日本台湾連合会 新年会

新年会のご案内  新春を迎え、お健やかな日々をお過ごしのこととお慶び申し上げます。  さて、本年も台湾関係者の親睦をはかるとともに、この一年の活動の予定や抱負を語り合う会として、新年会を催したいと思います。また台湾から国会議員の姚文智氏、同議員林靜儀醫師らが見え、台湾立法院の最新報告と台北市に対する願景を語って頂く予定です。懇親会には日台ハーフ女性シンガー、タイワンダー☆の出演をはじめ、色々楽しいプログラムや賞品を用意しておりますので、楽しい一時を過ごして頂きたいと存じます。ご多忙中とは存じますが、是非ご出席くださいますようお願い申し上げます。 記 日 時 : 2月18日(日曜日)講演会17:
続きはこちら…

2018-01-30

[イベント情報] [2018/02/03]日台政策研究所設立記念シンポジウム

“伝統の創造”の視点から見る祭り ―日台政策研究所設立記念シンポジウム― 「祭り」といえば、日本では神社のもの、台湾でも廟に関連したものとして、伝統的に共同体と密接に関連しています。しかし、山形市の「花笠まつり」、金沢市の「湯涌ぼんぼり祭り」は、伝統的な祭りのような様相を見せてはいますが、実は近年の創作です。共同体の外から新たに創造された祭りは、祭りや観光誘客の一つの方向性を示していると言えます。 「伝統の創造」とは歴史学者ホブズボームが作った概念であり、彼は近代民族による民族性の創造を否定的に指摘しています。しかし、ここでは「伝統の創造」の肯定的側面に着目し、日本および台湾の地方同士の交流が
続きはこちら…

2018-01-30

[イベント情報] [2018/01/31] 林建良講演会「激動するアジア情勢と台湾」

第19回中国共産党大会で権力基盤を固めた習近平は、アジア太平洋支配の野望が一層鮮明になった。だが、その野望の前に立ちはだかるのは台湾の存在である。  党大会の直前、米国の中国専門家イアン・イーストンが新著「中国侵攻の脅威」で中国人民解放軍が2020年に予定する台湾侵攻計画を明らかにした。こうした中、トランプは中国に融和的な姿勢を示しながら、日米豪印を主体として中国の野望に対抗するインド・パシフィック戦略を展開しようとしている。  台湾の蔡英文政権はこの激動するアジア情勢にいかにして対処していくのか、台湾情勢に詳しく、独立派の林建良氏の重い発言にご期待下さい。 1月時局心話會「アジア会議」201
続きはこちら…

2017-12-19

[イベント情報] 日本李登輝友の会主催 「日台共栄の夕べ」のお知らせ

記 ◆日  時:2017年12月23日(祝・土) 13時30分〜16時30分[受付開始:13時] ◆会  場:アルカディア市ヶ谷 3階 富士の間(東)      東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921      【交通】JR・地下鉄 市ヶ谷駅 徒歩3分   第1部:講 演 会 13:30〜14:20      王明理先生「日台が受け入れた台湾独立運動─王育徳記念館と黄昭堂記念公園」   第2部:大忘年会 14:30〜16:30 ◆参 加 費:会員:10,000円(学生会員:8,000円) 一般:12,000円      *参加費は前金制です。12月20日(水)までお
続きはこちら…

2017-12-19

「台湾の声」リニューアルのお知らせ

台湾に関する情報をお伝えする「台湾の声」は2017年10月からリニューアルし再スタートしました。内容もニュース・政治・文化など多義に亘り、ほぼ毎日のように興味深い記事が更新されています。台湾に関心のある方に、登録をお薦めしています。 登録(無料)は申し込みサイトからどうぞ。

2017-09-21

台湾行政院長(首相)交代の報に接して
(台湾建国は、今が絶好のチャンスだ)

この度、蔡英文総統が、独立志向の強い台南市長、頼清徳氏を行政院長に起用すると言うニュースに接し、いよいよだなと心躍る思いである。 議会の過半数を以っての頼氏の起用は、時宜を得た最高の人事であると賛意を表したい。 行政院長就任となれば、頼氏は事案引き継ぎなどで繁忙を極めるであろう。しかし、そうした中でも、台湾民衆に選ばれた代表・指導者として、台湾を正式な主権国家として国連に迎えられるよう国造りに邁進してほしい。 その取り組みに対し、中国は声高に脅しをかけてくるだろうが、そんなものは聞き流し、粛々と進めて頂きたい。 米国の台湾関係法がある限り、中国が台湾に対して攻撃をしかけてくることはないと確信す
続きはこちら…

2017-09-21

頼清徳行政院長に期待する

台湾独立建国聯盟日本本部委員長王 明理 9月8日に、頼清徳(らい・せいとく)氏が林全(りん・ぜん)氏に代わって行政院長(首相に当たる)に就任した。昨年5月に国民の大きな期待の中、発足した蔡英文政権だったが、肝腎の行政院長に国民党系の林全氏を任命したこと、他の重要ポストにも国民党系の議員を付けたことで、国民から不満の声が出ていた。 誰が就いても台湾国の舵取りは非常に難しいとは思うが、これまでのところ、学者肌で慎重な蔡英文氏のやり方に、多くの国民が物足りないと感じていた。 今年の3月に蔡総統にお会いした時、「1年目は助走、2年目は準備、3年目からしっかりやるから見ていて下さい」と言明された。その言
続きはこちら…

2017-09-21

日本本部委員長再任の挨拶

王明理  この度、盟員の推挙により引き続き、日本本部委員長を務めることとなりました。台湾の真の独立国家誕生まで、盟員一同、引き続き努力して参る所存ですので、宜しくお願い致します。 「台湾は実際には独立国だ」「すでに主権国家である」という説は、嬉しい反面、危険でもあります。国際的に国家として認められていない台湾は、決して安穏としてはいられません。「台湾併呑」「台湾は中国の一部」を公言してはばからない中国が大国となってしまった今、国際世論が中国の野望を阻止してくれるであろうという他力本願はアテにならなくなりました。台湾人は常に危機がすぐそこにあることを自覚するべきです。 今、アジアの中では日本と台
続きはこちら…